観光地

犬と一緒に長谷寺に行く時に持っていってはいけないもの

鎌倉長谷寺 山門

鎌倉の大仏と並んで人気の観光スポットの長谷寺に愛犬と行ってきました。こちらも基本は高徳院と同じで犬を歩かせることは出来ません。

キャリーやカートに入れて完全に出ないようにして拝観する必要があります。ただ実は本堂までの道のりに階段が多いので大型バギーやカートなどはかなりしんどいのでやめておいたほうが良いです。

長谷寺にペットを連れて行く時は体につけられるキャリーを選びましょう。今回はショルダータイプのキャリーで拝観してきた様子になります。

犬と一緒に長谷寺に行ってきた動画


犬と一緒に行きましたけどケージから出せないんで映像に全く犬は出てきません。

スポンサーリンク

犬と長谷寺に行くなら担いだり背負ったりできるキャリーが必須

鎌倉長谷寺 チケット発券機お寺に似合わずうやたらハイテクな券売機で拝観料を支払うことが出来ます。

鎌倉長谷寺 拝観料拝観料は大人300円、子供100円になってますが、実は平成31年4月1日からどちらも100円上がります。

チケット売り場で確認したらキャリーに犬を入れてればOKとのことでしたが、キャリーのチャックすら空けたら駄目って言われました。完全に出せない状況になります。

そういう事情を考えても自分で担いだりできる小型犬が一緒に連れていける限界のサイズですね。

鎌倉長谷寺 入り口すぐの池入り口を入るとすぐに朱印所への案内の看板と池が目に入ります。

鎌倉長谷寺 鯉が泳ぐ池池がいたるところにあって中には鯉が泳いでます。

鎌倉長谷寺 手水舎手水舎が大きな岩をくり抜いたような物になってます。

鎌倉長谷寺 階段ここから先が階段エリアになってます。これが僕がカートやバギーが無理だと考える理由です。背中に背負うタイプのキャリーを持ってくるのが一番便利そうですね。

鎌倉長谷寺 卍池途中に卍池ていうのと地蔵堂がありましたけどここは一旦スルーして上に向かいます。

鎌倉長谷寺 観音堂エリア本殿?本堂?のあるエリアに到着です。かなり広々してて休憩用の椅子も一杯設置されてます。

鎌倉長谷寺 観音堂外観一番大きい観音堂の建物はこんな感じになってます。

鎌倉長谷寺 線香場正面には線香を供えるような場所があります。浅草の煙浴びたら賢くなるやつみたいですね。

鎌倉長谷寺 線香この線香が売ってるものなのか備え付けてあるのかは確認してませんでした。

鎌倉長谷寺 高台への道とりあえずもっと奥の開けた場所に向かってみます。

鎌倉長谷寺 見晴台展望エリアみたいになってる場所が何故か日本人がほぼいてなかったですけど、景色が良い高台になってました。

スポンサーリンク

鎌倉長谷寺 輪蔵外観さらに順路通り進むと輪蔵っていうちょっと小さめの建物がありました。

鎌倉長谷寺 輪蔵入り口中になにか円形の柱みたいな社?がありました。

鎌倉長谷寺 輪蔵賽銭箱どうも車輪みたいになってて毎月18日には回せるようです。

鎌倉長谷寺 食事処入り口その輪蔵の向かいには食事処があります。店内の奥の窓からは先程の高台から見えてた景色と同じ場所が見えるようになってるんで、景色を楽しみながら食事が出来ます。

今回は食事はしないので更に順路通りに進みます。といってもこの先にもう少し上に登る散策路があったんですけど、そちらは腰が痛くなってきたから諦めました。

鎌倉長谷寺 石像観音ミュージアム方向に戻る途中でこんな像を見つけました。なんかストーリーがありそうです。

鎌倉長谷寺 観音ミュージアム観音ミュージアムでは期間ごとに色々企画展をやってるみたいですね。

鎌倉長谷寺 長谷観音続いてがメインの長谷観音堂です。残念ながらこの中は撮影禁止エリアになってました。

鎌倉長谷寺 長谷観音看板中々すごい看板ですね。カッコいい。

鎌倉長谷寺 賓頭盧尊者入り口の横に賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)っていう撫仏の像がありました。僕は腰痛持ちなんで腰が治るようになでておきました。

これで一通りこのエリアは見たんで来た道を下っていきます。

鎌倉長谷寺 地蔵堂中腹にあった地蔵堂を見たら中に金ピカの地蔵がありました。

鎌倉長谷寺 弁天窟入り口更に一番下まで降りて順路通り進むと洞窟みたいな場所に入ります。

鎌倉長谷寺 弁天窟内部中は結構暗くてカメラにほとんど写ってないですけど、洞窟の壁を掘って仏の像を作ったみたいな感じになってました。

以上、今回の長谷寺拝観でした。

結構アップダウンがあるし距離もあるんでそこそこ時間がかかる場所でした。

それに加えて犬をキャリーやケージから全く出せないんで正直長谷寺に犬を連れてくるのはおすすめ出来ませんね。

長谷寺での犬連れ注意点

大きなペットキャリーやカートを持っていくと階段の上り下りがすごく大変になります。

全くキャリーから出すことが出来ないんで、遠方から来てどうしても観光したいって場合以外はペット連れは避けたほうが良さそうです。

あと暑い時期は犬も大変なのでやめたほうが良いです。

長谷寺の詳細情報

公式サイト 鎌倉 長谷寺
住所 神奈川県鎌倉市長谷 3-11

料金 大人:300円、小学生:100円
平成31年4月1日よりどちらも100円値上げになります
駐車場 有料
普通車:30分300円

鎌倉の犬連れ観光の関連記事

鎌倉大仏(高徳院) 大仏アップ
鎌倉大仏(高徳院)は犬連れで楽しめるのか行ってみた神奈川県の鎌倉で全国的に有名な鎌倉の大仏、せっかく観光に行くなら見てみたいですよ? でも犬を連れて入れるかどうか場所柄ちょっと心配...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください